グリーンジュース健康法 - Le Pain Quotidien Japan

Le Pain Quotidienに興味がある方は、フルーツと野菜をどうやって普段の生活に取り入れるか、というトピックは常に気になるものですよね。たくさんの種類の簡単に野菜を摂る方法、それはグリーンジュースです!

グリーンジュースは、”コールドプレス”された野菜やハーブ、フルーツをブレンドするだけ。組み合わせによって、味や栄養素は無限大です。

では、”コールドプレス”とはどういうことなのでしょうか?

コンビニやスーパーマーケットで売っているような低温殺菌されたジュースと、コールドプレスジュースには大きな違いがあります。低温殺菌されたジュースとは、バクテリアを除去するために一度高温で熱したものです。低温殺菌により費期限は延びますが、それと同時に生きている酵素やミネラル、自然由来の栄養素も除去してしまうのです。

“コールドプレス”ジュースは、熱を通さずにフルーツや野菜を搾って作られます。この方法なら、フレッシュな味わいで、栄養たっぷりのジュース楽しむことができるのです。

グリーンジュースには基本的に数種類のフルーツと野菜が入るため、一度に5-9種類の食材を簡単に取り入れることができます。フルーツや野菜をバランスよく取り込むと、それに含まれるビタミンや抗酸化作用が体内の糖分と戦ってくれます。1日1杯のグリーンジュースで、体は健康に、髪はツヤツヤに、肌はツルツルになります!

グリーンジュースにはどんなフルーツや野菜を入れるのか、自分にあった組み合わせを探しましょう。ジューサーには少し投資して、良いものを選びましょう。ジューサーによってグリーンジュースの仕上がりは大きく変わります。

グリーンジュースを習慣化することを、この春の目標にすることもいいかもしれません。ベランダやお庭に自分だけのオーガニックガーデンを作り、自分で育てた野菜を使ってみるのもオススメです。

  • グリーンリーフ(ケール、スピナッチなど)さまざまな種類を試してみるもよし、全部ミックスしてみるもよし。どの野菜にも、ビタミンやミネラル、食物繊維などの健康要素がいっぱい。
  • パセリ  「なぜパセリ?」と思った方も多いかと思いますが、パセリにはビタミンA・B・Kや葉緑素を豊富に含んでいるので、血液の流れをサラサラにします。
  • 生姜  言うまでもなく、素晴らしい健康素材である生姜は、免疫力を上げ、胃腸にもよし、アンチエイジングにも良し、と良いことばかり。
  • セロリ セロリに含まれる水分は、高レベルのイオンを含み、グリーンジュースの吸収を助けます。こちらも免疫力を上げ、アンチエイジングにも効果があります。
  • レモン レモンの酸味が、グリーンジュースにアクセントと爽やかな風味を与えます。レモンは血液をサラサラにし、胃腸の働きを助けます。もちろんビタミンCとカリウムがたっぷり。
  • りんご 「Eating an apple a day(1日に1個リンゴを食べると良い)」とよく聞きますよね。グリーンジュースに甘みを与えて飲みやすくします。青リンゴではなく、赤リンゴを選びましょう。
View all